icon

狭山丘陵 しぜんのかたち ↘

ハッシュタグ ↘

最近の投稿 ↘

環天頂アークと虹、ダブル大気光学現象

〈2344〉

7月30日に観察した大気光学現象は、メモリアルだ。初め16時35分薄い暈を見ていたら、さらに上部に「神目」しんがんが働き、環天頂アークを認めたのです。観察場所は荒幡富士山頂です。アーク、この画像でわかりますか?

環天頂アークと虹、ダブル大気光学現象

021.7.30 16:35 harumaki mitai na niji (Pentax K1 & iPhone8)

yoshiaki.toma

Image この画像からは、おぼろげな暈がわかります。小さな青いゴーストの上辺りです。

Image Image 少し上を見ると、環天頂アーク(青)そして暈(橙)が認められます。 多少「神目」が必要です。

Image 確かに淡いアークでしたが、

Image 17時に、場所が小手指整形に移ったら明瞭に確認できました。

Image 眩しい太陽を隠すため、

Image どなたかのジムニーを使わせて頂きました。

Image Image 明るく見えていたのは、30分間くらいです。

Image 17時30分頃になると、東から雨柱がやって来ました。

Image Image 18時15分、雨雲は西に移動しました。 陽も射しました。

Image なんと! 今度は虹です。

Image Image Image 明らかに西側(右)の方が、濃く明るい虹でした。

Image Image 以前、虹を見て「滑りたい!」といった子が、今度は「食べてみたい!」と表現したそうです。 大気光学現象にも前兆や原因があるように、この子のことが少しわかります。遊びたいときには虹が「滑り台」に、おやつが欲しいときには「七色バームクーヘン」に見えるんじゃないかなと。

https://sayamahills.com/2344/