icon

狭山丘陵 しぜんのかたち ↘

ハッシュタグ ↘

最近の投稿 ↘

いつかのヤマトシジミ

〈2358〉

7月末、カラスウリの花の側で寝ていたヤマトシジミかも知れません。シロツメクサの上で見かけました。

いつかのヤマトシジミ

2021.8.10 watashi wa genki (Pentax K1)

yoshiaki.toma

Image 翅に鳥の嘴(くちばし)の痕(ビークマーク)が残されていました。 何があったのでしょう。ヒヤッとしたでしょうね。虫たちの季節もあと少し。

Image Image Image 13日、うらのコナラに樹液が出るところがありました。

Image Image Image スズメバチは要注意ですが、ヒメジャノメなら歓迎です。

Image Image Image 14日、まだ雨の多い頃でした。お昼ころ、雨宿りをしているキタキチョウに会いました。

Image 長い雨の期間が、アサガオやニガウリの成長を遅らせました。

Image Image やっと16日、最初のニガウリの花を確認しました。

Image ニガウリとアサガオは、同じつる棚に植栽しています。 小さな虫を見つけました。

Image Image オンブバッタの幼虫に見えました。さなぎの期間はなく、脱皮を繰り返し成虫になるので「不完全変態」と言います。

Image 面白い顔です。このあたりで暮らすなら、ヤモリやトカゲ、カナヘビやクモ、そして鳥とも生きていかなければいけません。ここはチロリン村ではないので、戦いながら暮らしていかないといけません。

チロリン村とくるみの木

https://sayamahills.com/2358/