icon

狭山丘陵 しぜんのかたち ↘

ハッシュタグ ↘

最近の投稿 ↘

モンキクロノメイガの美しさ

〈2390〉

9月24日、朝の畑観察で赤紫蘇(アカジソ)にコーディネートされたような蛾がとまっているのに気がつきました。。赤紫蘇は、青紫蘇と共に今開花の季節です。この小さな蛾、お似合いだと思いませんか。

モンキクロノメイガの美しさ

2021.9.24 6:50 murasaki no bijin (Pentax K1)

yoshiaki.toma

Image 朝露の紫蘇の葉の上で、ジッとしていたメイガ。

Image Image 観察の為、葉を指でつまんでもずっとモデルを務めてくれます。

Image Image モンキクロノメイガ(オオシロモンノメイガと言う種のようです。これより以下の種名を訂正しました。ATSさん、ありがとう!)、小ぶりですが綺麗な蛾です。一瞬、どちらが頭部でも似合いそうなデザインだと思いました。 触覚も身体のラインに沿って、隠していますから、この前後不詳に感じさせるデザインは「擬態」の進化の一つかも知れません。

Image 赤紫蘇の巨木?、青紫蘇に比べ香りが薄いので、薬味の利用もされないまま大きく育ちました。香りは青、色付けには赤ですね。オオシロモンノメイガ、ポツンととまっています。

Image Image 24日、朝の月。ぐるっと周って、今夜現れたら「居待ち月」です。

Image 28日、朝の月。明日(29日)が下弦の月です。

Image Image Image 家で除草されず残ってしまった仙人草(センニンソウ)、一般にははびこる除草対象の草ですが、適量なら秋の訪れを感じさせる綺麗な花だと思います。別名ウマクワズ('馬食わず)、馬や牛さえ食わない毒草、ときに汁で炎症を起こすそうです。

Image Image センニンソウもオオシロモンノメイガも、見方やタイミングで、とってもチャーミングな自然の仲間です。

https://sayamahills.com/2390/